クローバーポイント

    ここでは、「クローバーポイント」 に関する記事を紹介しています。

    やっとこさクローバーポイントをコンプしました。

    月音ルートは月音の本性全開でした。ドSで淫乱。
    絵をかかない理由も明らかになっちゃいます。
    桜井が輝くシーンもあったり。
    月音の母も出てきますしね。(まつかさの呂布を彷彿とさせます)

    これで終わりかと思ったらなんとシロツメルートが。
    流れは、最初から始めると新たな選択肢があるので。
    寝ないで走るほうを選ぶと公園でシロツメから劇の台本を
    返却してくれと頼まれます。

    シロツメルートでは、劇に参加しなかった場合の話なので、
    淡々と話が進み、クリスマスも悲しい結果に。

    シロツメが夜々をナンパするようしかけますが、
    失敗するのでシロツメとデートしたり、兄妹だと
    ばらしたり以下略。 

    2人で劇ごっこをやるとなんとシロツメが姫巫女と判明。
    クローバーガーデンで結ばれちゃいます。
    人間になりたーいというシロツメさん。
    ガーデンをお開きにします。

    無事、現実世界に戻った二人は、末永く幸せになりましたとさ。
    (よるよるの記憶も戻ってるのであの妹っぷりも見れます)
    シロツメが寮母だったらかなりイイ。

    発売から2ヶ月かかってやっと終わりました。
    仕事してるとなかなかやれませんね。さくらシュトラッセも手付かずのまま…。

    今回は予想を超える出来でした。
    エロも連続Hをやっとしてくれましたし。

    よるよるは完璧に予想を裏切る素晴らしいものでした。
    おそらく歴代妹キャラでもベスト3に入るでしょう。
    よるよるファンディスクを是非つくって欲しいものです。

    これでメテオ恒例のハーレムがあれば個人的に傑作でした。

    メテオには今後もえろくて楽しいエロゲーを作ってもらいたいものです。




    スポンサーサイト
    やっとこさ真星ルートクリアしました。

    真星ルートは王道ですね。
    人気者の美少女と恋人になる。
    変化球好きにはありきたりでした。

    桜井の劇を引き継ぐなかで
    過去の2人の時間が再び動き出し、
    ハッピーエンド。

    というわけで語るべきことはあまりなし。
    あっ、雪乃先生の裸立絵があるよ。
    Hシーンがないのが残念だけど。

    月音ルート入る前にさくらシュトラッセが届いてしまった。
    同時プレイするしかないのか。


    さくらシュトラッセのために去年から進んでいないクローバーポイントをやりました。
    やっと夜々ルートをクリアしましたよ。

    なんというかエロゲーなのに妙に感心というか考えさせらましたよ。
    夜々が実の妹っぽい感じはプンプンしてましたが、(演劇もそういう感じの話しだし)
    まさか本当にそうだったり、なおかつ、いたしてしまったりとかなりぶっ飛んだ
    印象を夜々も含めて感じました。

    こういう展開だと、クローバーの力で実の兄妹じゃなくなるー、という
    超展開をするかと思いましたが、あえて兄妹なのに禁忌、タブー
    を選ぶという苦難の道を歩むところは、作者やるなと思いました。
    エピローグも数年後に書いてありましたが、隠していくのは、
    辛いところもあるかと思いますが、二人が幸せならどうにでも
    なるのでしょう。

    なんか、しんみりしてしてしまいましたが、価値のある話だと思いました。