花咲くいろは

    ここでは、「花咲くいろは」 に関する記事を紹介しています。

    花咲くいろは第22話感想です。

    いきなり起こされる緒花とみんち。しかも4時。
    たかこのりのりです。
    とんだはた迷惑ですね。

    みんちは相変わらずムシって。すごい着替えっぷりです。
    寝るときはノーブラのよーです。

    従業員一同朝から呼び出し食らった様子。
    授業中におかんからの電話される緒花。
    おかんは結婚式にいけない様子。

    おかんは今でも片思いとか。パパンに。
    動悸息切れの緒花。
    やはり孝ちゃんのことが忘れられない様子。

    カーテンドレスがついに完成。
    ドレスの試着はなこち。
    胸がでかすぎてチャックが閉まりきってないしw
    なんか露出度高いし。

    徹は宴会料理に挑戦中。みんちを冷たく突き放します。
    スランプは厳しくしないと乗り越えないと持論を展開。

    ドレスを吹っ飛ばすみんち。さすがに緒花もブチギレ。
    みんちは相変わらず暴走中。
    孝ちゃんに片思い宣言する緒花。
    ついに取っ組み合いに。
    鼻血でてますよ緒花さん。
    なこちが止めに入るところで徹さんが。

    徹さんに見られてさぁ大変。みんちは泣きながら逃走。
    追いかけるようとする緒花を静止する徹さん。

    神社で涙で頬を濡らすみんち。
    そこに徹さんが。
    緒花のことが好きかもしれない。わくわくするとさ。
    みんちの頭なでなで。

    緒花の片思い続けるになこちは感動したそうです。
    感動した。緒花の片思いに感動した。

    感動した。ドレス着たみんちに感動した。

    諦めない宣言するみんち。徹さんと付き合うことを諦めない宣言をするみんち。
    またホビロンいただきました。
    緒花嬉しそう。

    結婚式の準備は滞り無くすすんでいるそう。
    緒花は結婚式が終わったら告白するそう。おい、それノン。
    それ死亡フラグだから。

    結婚式当日。
    ブーケトスをお願いする巴さん。
    抜かりないですな。

    しかし、ブーケは電六が。今更必要か。
    式のあとは従業員総出で準備やっちゅーに。

    結名が司会だそう。
    料理するのも大変。蓮さんもお手伝い。徹さんの指示はアバウトだなおい。

    ママンの電報はシモネタかよ!!

    式の料理で徹さんの料理をまともにたべるとかいうみんち。ソースでLOVEとは徹さんやるなぁ。
    式の余興次郎丸の迫真の演技には目もあてられませんw
    余興で歌う友人A。歌うめーな。
    そして締めは女将。
    さすが貫禄のある締めだな。番茶を飲みながら眺めるって引退!?

    そしてEDは、いつもとEDソングとは違う結婚式verでした。
    後片付けする面々。
    女将に真意を聞く蓮さん。
    電六が喜翠荘を辞めるとのこと。
    しかも喜翠荘は今度のぼんぼり祭りで幕を閉じるってええー!!!!
    どうなるの皆。
    来週は久々孝ちゃんの登場か。
    スポンサーサイト
    花咲くいろは第21話『蘇る、死ね』感想です。

    ええー!!!!若旦那結婚かよw

    このバカップルめw爆発しろwww

    女将はなげやりに結婚を好きにすればいいって。

    結婚の条件は式をあげること。

    結婚式は最低160万かかるのか。高いね。

    なら喜翆荘で結婚式すればって。
    徹が結婚式の料理を仕切るとかやるな。

    やる気満々の徹。さっそくみんちをつれて食材の買い出しに。

    LOVEオムライス本気にされていない様子。
    みんちは徹と行っション

    こども5人欲しいってっみんちもどんびき。

    徹のよってくか発言。目の前はHOTELって大胆だなおい。
    って右折した先は海。

    徹さんのいい話。修行でえたものは裏切らない。っていいこというねえー。

    全然的はずれっていいながらうれしそうなみんち。

    徹さんの緒花発言プラス嬉しそうな顔にみんち複雑な表情。

    結婚式のプランを考える緒花となこち。演劇の案をだす次郎丸。

    次郎丸の台本はなこちがびっくりするほどのセクハラ。

    ドレスも指輪もかかるのね。若旦那は指輪にはこだわる様子。

    髪を洗うみんち。顔が怖いです。

    そこに空気を読まない緒花さん。
    みんちのやつあたり、ついにキモイまで。

    乙女の嫉妬は怖いです。まじで。
    徹さんと付き合ってあげてって。ええーーーーーーーーー!!!!!!

    みんちまじこわいっす。
    シャワーで放水って。
    緒花の正論に耳を貸さないみんち。

    久々にホビロンではなく死ねが華麗に復活しました。

    魚を焦がすみんち。
    動きに精彩がありません。

    しかも徹さんから結婚式の手伝いをやめろと通告されるし。

    さらに不機嫌なみんち。
    一緒にお弁当も食べません。

    いらなくなったカーテンを使えるかなぁとなこち。何に使うんだろ。

    マリッジブラウンという徹にマリッジブルーと突っ込む蓮さん。
    キレキレです。
    そんな蓮さんを巴も見なおしている様子。
    蓮さんに悪寒が走ってますがw

    カーテンでウエディングドレスを作るなこち。ゆいなもお手伝い。
    文明の利器が苦手な緒花。
    しかしすごい手芸を見せてます。

    そんなこんなをよそに結婚を白紙してくれと女将に頼むコンサルさん。
    女将は指輪を差し出す。旦那からもらった指輪のそうだ。

    女将の旦那はなんと料理人。
    喜翆荘の由来もついに。

    結婚はほんとの一人にさせないということ。深いわー。
    女将からえにしをお願いしますといわれるコンサル。
    でも信頼をえるのはまだまだみたいです。

    花咲くいろは第20話『愛・香林祭』感想です。

    20話はなんといってもみんち無双。

    相変わらずホビロンいったりしてましたが、

    やはり、徹にオムライスを作るときのみんちにニヤニヤがとまりませんでした。
    しかも、オムライスにケチャップで、ハートにLOVEなんて青春だねぇ。

    徹もちょっとびっくりしながらも食べてるし。

    20話はニヤニヤがとまらない。みんちファン必見の回でしたね。

    もうyouつきあっちゃいなyoと言いたくなりますね。

    みんちかわい過ぎるだろ。

    21話のタイトルがちょっと穏便でないのが気になりますが。