犬とハサミは使いよう

    ここでは、「犬とハサミは使いよう」 に関する記事を紹介しています。

    アニメ 犬とハサミは使いよう 12話(最終回)感想です。

    夏野を更に有名にするためプロデュースしようとするM編集者。
    編集奥義で夏野にコスプレするM編集者。

    円香もメガネっ子も巻き込まれでコスプレ。
    円香のボルケーノカレー噴火しとるんですけどw

    コスプレを受け入れない夏野に酒を盛るM編集者。
    よっぱらった夏野は気持ち悪いくらい白いです。

    夏野の妄想で結婚やハネムーンや子育てにまで発展w
    最後の喉の奥からこみ上げるものはゲロだーーーー!

    そんなゲロ落ちでもとに戻った夏野。
    結局色欲完成してねーじゃんw

    っていうか今までのあらすじだったのかよ!

    一人と一匹のバカ騒ぎは終わらないと思いますが、まさか続くのか!?

    犬ハサはノリは好きだけど話は人を選びまくると思いました。
    声優は割かし豪華な感じですがね。

    M編集者の演技がずば抜けてぶっ飛んでましたw
    円香のヤンデレっぷりはまじで恐かったですw

    2期は多分ないと思いますが、色欲が完成するの見たかったかも。(原作どうなっているのかしらんけど)
    スポンサーサイト
    アニメ 犬とハサミは使いよう 11話感想です。

    アバンでシャイニーさん登場かと思ったら。

    Aパートは円香。

    お義姉さんを強要する夏野と必死に抵抗する円香。
    顔が笑っていない。

    鮪悔でカレーを作る円香。
    匂いはいいのになんで青いカレー?
    ブルーカレーって何w

    本屋でロリにいじられる和人。
    アフロはアフロ学入門を見つけて感激!

    ハッスルマッスルを仕入れてマッスルさんも大喜び。
    変態だー!
    熱気が暑いw

    そしてドM編集者が注文してたのが
    上手な罵られ方と上手な吊るされ方。
    佐渡魔園って誰だよw
    帯のドMマスター「さあ、皆もこれを読むのじゃ!」ってどんな煽り方だよw

    顧客のニーズに応える本屋って何気にすごいね。

    そして今度はシャイニーさんのSP登場。
    秋山忍ともみじの本を買い占めて何するんだ。

    大家と旅館の女将何してんのw

    そして公演には一人ミュージカルさんがw
    また見てるのバレちゃったw

    見られたからにはケガレザッパーに処刑されるはめに。
    またしても夏野に助けられる和人。

    おしおきされるの分かっている和人。調教されてますねw

    そしてまたバトル。
    と思いきやシャイニーさんちーっすw
    本を買い占めたのはシャイニーさんのしわざw
    バレバレだけど。

    オーエスシャイニー、オーエスシャイニーってw

    そして唐突に始まる九連訪塔執筆戦
    前回の執筆戦よりもすごい。

    9本の短編小説を作り審査員に審査される執筆戦だそうです。

    現代の三大若手ベストセラーの闘いとはすごいことにと思ったらSPに拘束され、
    仕事に連れて行かれるシャイニーさんw
    残念ながら実現しませんでしたw


    円香も無事進学が決まったようで。
    寮での生活が条件だそうですが。

    皆なんだかんだで前に進んでいるみたいです。

    そしてカレーはまさかのレインボーカレー。
    何故カエルが。

    和人の顔が怖いことに。
    味は・・・人生2回目の走馬灯をみるほどの味だったとか。





    アニメ 犬とハサミは使いよう 10話感想です。

    和人が勝手に大沢の原稿読んでるし

    続きの原稿を読まして欲しいってどんだけ活字が好きなんだよw
    でも律儀に書いてくるんですね

    秋山忍の影響受け過ぎって和人さすがです。

    藤巻蛍もHarumi Kazuhitoをもじったとかw

    言葉は通じてないのになぜ和人とわかったのかと。
    本屋によく来る犬であること原稿の隠し場所を知っていたから照明終了。

    和人が亡くなってから続きが書けないとは。
    そして秋山忍を葬ろうとは。

    屋上に呼び出された夏野。
    またバトルかよ。

    私のこと名前で呼びなさいよって怒るところそこかよ。

    作家らしい決着のつけかた。
    それは執筆戦。なんだそれ。

    先に原稿用紙100枚の短編を書いたほうが勝ちだそうな。

    夏野各のはえー。
    大沢流執筆術ダブルドライバーって。
    ウェイクアップキャンセラーって。
    インビジブルなんちゃらって。
    執筆術というかただの妨害じゃねーかwww

    眠気覚ましにはさみを脚に刺す夏野。

    そして催眠術をかける藤巻蛍。
    なんじゃこいつ。

    最終奥義ブリューナクって
    恐ろしい女じゃ。

    催眠術で手が使えないので口で執筆する夏野。
    そういえばもっと恐ろしい女がいたわ。

    執筆しろと伝える和人。

    人は書くことで作家になれると。いい事いうね。
    読者の存在も必要だけど。

    そして相変わらず地雷踏む和人。

    師弟愛も目覚めてとりあえず一件落着?

    ブリューナクを新刊に取り込んだって。夏野なにしとんのw
    ホーンwww