主にマンガ・アニメ・ゲームの感想。その他いろいろ。不定期更新。

    刀語1話やっとみました。

    全然話が分からないまま見たのですが、意外と面白かったです。
    戦国好きだからかもしれませんが独特の絵も特に気にならず。

    七花の姉ちゃんが意外といいです。病気がなければ姉ちゃん最強の予感。
    どじな奇策士には肩透かしくらいましたが、1話目でネタバレされちゃったのでどう掘り下げるか楽しみでもあります。
    虚刀流は刀が使えないからできたとか虚刀というかただの殺人拳じゃないのとか突っ込みどころ多いですが、2話もまた見たいと思います。

    見た感想としては、1話1時間でうまく話がまとめられていると思いましたが、一気にみるのはしんどいです。
    1時間×12話なら前編後編で30分×24話のほうがいいなぁと思います。
    全話見るのに1年かかるのはどうかと。


    スポンサーサイト



    今話題のおっぱいアニメ、聖痕のクェイサーを見てみた。
    聖痕のクェイサーには通常版とDC版があるそうで、DC版がやばすぎ。
    普通に乳首かいてるし、授乳シーン満載!!
    2話だけ他のブログで鑑賞しましたが、おっぱいのオンパレードや。
    話はよく分かりませんでしたがおっぱい好きにはいいんじゃないんでしょうか。

    ニコニコに通常版とDC版を比較しているのがあったので気になる方は見てみればいかがでしょうか。
    つーかDVDがDC版だったら18禁になるのかな。
    とある科学の超電磁砲の4巻を読みました。
    4巻からは美琴のクローンである妹達(シスターズ)を取り巻く話になります。
    といっても本編読んでないないのでどういった結末になるのかは知りませんが。
    味がわかるミサカやエルの女版など、本編でキーマンとなる人物が登場します。
    ミサカはマンガなどに出てくるロボットキャラみたいな口調ですが、本物に駄目だししたり、
    違いが分かったりと単調なキャラに終わっていないのがいいです。
    レベル6を作るためにスケープゴートにされる妹達やミサカのあれなど残酷なシーンも多く、
    今巻はシリアス分大目です。ギャグは金目のものに鼻が利くさてんさんやゲコ太缶バッチのためにがちゃがちゃを大人買いする美琴。着替えのためにホテルを借りる美琴、ハイテンションな美琴と美琴が大活躍です。
    その分変態担当の黒子が最初ぐらいしか活躍していないのが残念。
    4巻の終わりからしばらくはシリアス展開になりそうです。
    そういえば当麻がついにでなくなったなあ。