IS<インフィニットストラトス>2 6話感想

    ここでは、「IS<インフィニットストラトス>2 6話感想」 に関する記事を紹介しています。
    IS<インフィニットストラトス>2 6話感想です。

    6話はシャルのノーパン回。

    意外と下着を気にするシーンって多いんですね
    ラウラちんみたいにズボン履けばよかったのに。

    パンツがなければブルマを履けばいいってw
    パンツじゃないから恥ずかしくないもんってことですかねw

    それにしても黒ウサギ部隊腐女子すぎるだろw
    関連記事
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://gadegade.blog77.fc2.com/tb.php/1004-1baaaac0
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    IS<インフィニット・ストラトス>2の第6話を見ました。 第6話 乙女の矜持 「私の名前は織斑まどか、お前の命をもらう」 誕生日パーティーで箒達の怒りを買ってしまった一夏がひとりで帰っているとエムに襲われるが、2人きりなる機会をうかがっていたラウラに助けられる。 そんな中、IS装備の護送任務を行うシャルロットに付き合う一夏だったが、産業スパイの攻撃からシャルロットを庇...
    2013/11/09(土) | MAGI☆の日記
    IS 2「第6話 乙女の矜持(ザ・シークレット・ベース)」に関するブログのエントリページです。
    2013/11/10(日) | anilog