のんのんびより 11話感想

    ここでは、「のんのんびより 11話感想」 に関する記事を紹介しています。
    のんのんびより 11話感想です。

    のんのんびよりもすっかり冬になりました。
    11話は、ガッコでのお泊り会とスキーの話。

    雪が積もってバスがこないので学校でお泊り会。

    しかし、布団が宿直室のと保険室の布団2組のうち1組ひっぺがしたのと寝袋のみ。
    寒そうな寝袋に入るのは皆嫌ですが、ねーちゃんがソッコーで布団撮って寝てました。
    なんていう教師でしょうw

    れんちょんはねーちゃんと一緒の布団。
    こまちゃんもちっちゃいのと大きいので布団に入ったほうがいいということで布団組。
    布団をかけて夏海と蛍の珍しい争いしてました。
    夏海は自分が有利になるように、腕相撲を提案するも蛍に完敗。
    意外と剛力なんですね。蛍。

    次はモノマネ対決。
    蛍のやるれんちょんが致命的に似ていないです・・・。
    夏海の大文字焼きもモノマネじゃねーwww

    結局引き分け。

    すごく気持ちよさそうに寝るねーちゃんに、
    4人が導いたたったひとつの冴えたやり方は、
    ねーちゃんを寝袋に押し込んで、4人で布団に入ること。
    一見落着。

    しかし、なかなか寝付けない蛍。
    校庭ではしゃいでます。

    空が星だらけで、こんなに見えるんかいなーというくらいきれいです。
    ほたるの様子に気づいたこまちゃんが夏海を起こして校庭に。
    宇宙人にあやつられているとかなんとか。

    廊下を走る蛍に祭りがはじまったんとれんちょんも起きてしまうことに。
    なんか宇宙人の夢を見たとか。

    外に出てるこまちゃんと夏海が戻ろうとしたら、屋根から雪が。
    雪を被った2人の姿が、宇宙人みたいでしたとさ。目の部分がライトで光ってるとは。

    布団が2組あるなら保健室から2組ひっぺがせばいいじゃんと思いましたが、
    兄貴いるの忘れてました。
    兄貴忘れててごめんなさい。

    後半は、スキー。
    れんちょんがスキーやりたいというも板やらウェアがないけど当てがあるということで、
    一同でスキーをやることに。

    板は駄菓子屋がレンタルしてくれました。
    なんで駄菓子屋が・・・。再度ビジネスがそうです。
    他にも布団のレンタルや取り寄せもするそうな。

    みんなスキーやったことないので夏海がレクチャー。

    尻もちついて止まるを実践した兄貴は止まれませんでした。

    猛スピードで滑るこまちゃんを助けようとした蛍。
    こまちゃんが反対向きで滑るはめに。
    こえー。

    残った夏海と駄菓子屋。
    競争するかと駄菓子屋がいいますが、やったことないという夏海。
    確かにやったことない人といった時に手上げてたけど。

    駄菓子屋にスパルタされましたとさ。

    無事に滑り終わった夏海。

    下ではハイテンションでかまくらを作る蛍。
    テンション高いです。

    かまくらの中でもちを焼くことに。
    溶けないのか心配するこまちゃんもかわいいです。

    ちなみに七輪も駄菓子屋が用意してました。
    さらに豚汁も駄菓子屋が用意してました。
    駄菓子屋万能説かも。
    ただし、レンタル代に計上されてます。

    出来上がった豚汁を食べる4人。
    深夜に豚汁を食べたくなるくらい美味しそうでした。

    次回で最終回とか終ってほしくないですね。
    関連記事
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://gadegade.blog77.fc2.com/tb.php/1049-2878b006
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック