アニメ 魔法科高校の劣等生 2話感想

    ここでは、「アニメ 魔法科高校の劣等生 2話感想」 に関する記事を紹介しています。
    アニメ 魔法科高校の劣等生 2話感想です。

    深雪はともかく、達也も風紀委員枠で生徒会に入るとは思いませんでした。

    副生徒会長に因縁つけられて模擬戦挑んで瞬殺するあたり強すぎですが。

    副生徒会長が弱すぎるのか、達也が強すぎるのか判断つかないですね。(多分後者なんでしょうが)

    しかし、達也も案外シスコンなんでは。(血がつながってなかったら付き合ってる発言が冗談に聞こえませんでした)

    エリカとかそうですが、二科でも十分強いんじゃね。
    関連記事
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://gadegade.blog77.fc2.com/tb.php/1226-e5afb4b3
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    魔法科高校の劣等生の第2話を見ました。 第2話 入学編II 真由美に生徒会室に呼ばれ、会計の市原鈴音や書記の中条あずさを紹介された深雪が生徒会に誘われた際、深雪は達也こそ生徒会に相応しいと力説を始めてしまう。 「残念ながらそれはできません。生徒会の役員は第一科の生徒から選ばれます。これは不文律ではなく規則です。これを覆すためには生徒総会で制度の改定が決議される必要が...
    2014/04/13(日) | MAGI☆の日記
    魔法科高校の劣等生「第2話 入学編II」に関するブログのエントリページです。
    2014/04/13(日) | anilog