アニメ 魔法科高校の劣等生 8話感想

    ここでは、「アニメ 魔法科高校の劣等生 8話感想」 に関する記事を紹介しています。
    アニメ 魔法科高校の劣等生 8話感想です。

    九校戦編に突入しました。
    達也がCADの技術部に入るよう推薦されますが、
    いくら実力があっても二科生なだけで反対されることに・・・。

    CADを全部マニュアルで調整するというロリっ子いわく私には到底できませんという離れ業で
    認めさせることに成功。

    しかも空飛ぶ魔法式も開発するとはおそるべし。

    そんなことより、魔法科の世界ではブルマがレガシーになってるんですねw
    酷い世界ですwww
    関連記事
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://gadegade.blog77.fc2.com/tb.php/1252-fd242c7b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    魔法科高校の劣等生の第8話を見ました。 第8話 九校戦編I 達也とレオンハルトは体育の授業でクラスメイトの吉田幹比古と話すようになる。 生徒会は九校戦の準備に追われる中、技術スタッフがなかなか決まらずにいたが、CADの調整役に1年生で達也が抜擢されることとなる。 「1年生が技術スタッフになった例は過去にないのでは?」 「何でも最初は初めてよ」 「前例は覆すため...
    2014/05/25(日) | MAGI☆の日記