アニメ 魔法科高校の劣等生 9話感想

    ここでは、「アニメ 魔法科高校の劣等生 9話感想」 に関する記事を紹介しています。
    アニメ 魔法科高校の劣等生 9話感想です。

    今回あまりこれといったシーンがなかったですが、
    照れる美月がよかったです。

    会長の色仕掛けに微塵も反応しない達也。
    流石です。ブレないですねw
    つーか会長私服なんですねw

    車が突っ込んできましたがどうするんでしょうか。
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://gadegade.blog77.fc2.com/tb.php/1256-eeeb2321
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    魔法科高校の劣等生「第9話 九校戦編II」に関するブログのエントリページです。
    2014/06/01(日) | anilog
    魔法科高校の劣等生の第9話を見ました。 第9話 九校戦編II 御曹司でありながらトーラス・シルバーでソフトウェア専門の達也は浮遊魔法を完成させ、FLTのCAD開発第三課に持ち込み、偉大な魔法の開発を披露するのだった。 帰り道、父親・司波龍郎と再会した達也と深雪だったが、執事の青木は達也を使用人と同列にしか見ておらず、「お付きの人」と執事に侮辱されていた。 「私の兄です...
    2014/06/01(日) | MAGI☆の日記