アニメ 魔法科高校の劣等生 10話感想

    ここでは、「アニメ 魔法科高校の劣等生 10話感想」 に関する記事を紹介しています。
    アニメ 魔法科高校の劣等生 10話感想です。

    あんま印象に残らない回でしたが、九校戦始まらないですねw
    いつもの如くなんかきな臭い感じがぷんぷんしますが。

    女子もとりこにする深雪のわがままボディはすごいと思いました。
    一瞬温泉で滝に打たれるんかいと思いましたがw服がね。
    関連記事
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://gadegade.blog77.fc2.com/tb.php/1261-819b4386
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    魔法科高校の劣等生の第10話を見ました。 第10話 九校戦編III 九校戦に向けてバスで宿舎に移動する代表のメンバーは道中で対向車側の車が急に炎を上げて突っ込んできたのだが、事故ではなく意図的な魔法による犯行だと分かる。 「では、先程のあれは事故ではなかったの?」 「あぁ、魔法の痕跡があった」 「私には何も見えませんでしたが…」 「小規模な魔法が最小の出力で瞬間的...
    2014/06/10(火) | MAGI☆の日記