アニメ 健全ロボダイミダラー 12話(最終回)感想

    ここでは、「アニメ 健全ロボダイミダラー 12話(最終回)感想」 に関する記事を紹介しています。
    アニメ 健全ロボダイミダラー 12話(最終回)感想です。

    真の敵は、ペンギン帝国ではなくて、人類だったんですね。

    孝一、霧子、リッツがともに手を取り合い戦うというロボット物にありがちながらも熱いバトルでした。

    ペンコマかした将馬もセックス、じゃなかったシックスのおかげで元の人間に。
    生きてたんですね。セックスじゃなくてシックスw

    又吉長官が健全について熱く語ってました。
    さすが、長官あそこあでエロについて語るとは思いませんでしたw

    決着がついて、ペンギン帝国も異世界に戻ることに、リッツも一緒についていって
    ペンギン帝国のファミリーペンリッツに。
    ペンリッツ!ペンリッツ!ペンリッツ!

    最後までエロ熱いアニメでした。
    関連記事
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://gadegade.blog77.fc2.com/tb.php/1271-a283afac
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    健全ロボ ダイミダラー「第12話 決戦!健全ロボ対ダイミダラー」に関するブログのエントリページです。
    2014/06/24(火) | anilog