アニメ 魔法科高校の劣等生 14話感想

    ここでは、「アニメ 魔法科高校の劣等生 14話感想」 に関する記事を紹介しています。
    アニメ 魔法科高校の劣等生 14話感想です。

    深雪ぱねえ。学年2位をふるぼっことは。

    男子不甲斐ないですね。
    アクシデントとはいえ、ついに達也が投入されるとは。
    また無双決めそうですねw
    関連記事
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://gadegade.blog77.fc2.com/tb.php/1283-35ae7bd0
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    魔法科高校の劣等生の第15話を見ました。 第15話 九校戦編VIII 「なぁ達也、マジ?」 「CADが俺が準備する。もう諦めろ、決まったことを愚痴っていても仕方がない」 「はぁ…分かったよ、達也」 「しょうがねえ、こうなったらやってやるよ」 レオンハルトと幹比古と共にモノリス・コードに出場することになった達也は作戦を立て、予選を勝利へと導いていく。 一方、エ...
    2014/07/13(日) | MAGI☆の日記