アニメ 魔法科高校の劣等生 16話感想

    ここでは、「アニメ 魔法科高校の劣等生 16話感想」 に関する記事を紹介しています。
    アニメ 魔法科高校の劣等生 16話感想です。

    一高と三高の決勝戦でした。

    さすがの兄貴も苦戦というか大怪我してましたが、自己修復するというチートを使う離れ業で勝利。
    最後はやっぱり物理ですねw

    幹比古とレオンハルトにも活躍の場があるとは思いませんでしたが。

    三高の皆さんはどういう気持なんでしょうねw
    関連記事
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://gadegade.blog77.fc2.com/tb.php/1290-84cc6bd4
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    魔法科高校の劣等生の第16話を見ました。 第16話 九校戦編IX 「これは…?」 「一体…?」 「そのマントとローブには魔方陣を織り込んである」 「魔方陣?」 「あぁ、古式の術式媒体で刻印魔法と同じ原理で作動する。その二着には着用した者の魔法がかかりやすくなる効果が付与されている」 三高との試合を前に入念な準備をした達也は誰にも負けないと信じるという深雪の言葉を...
    2014/07/21(月) | MAGI☆の日記