アニメ 魔法科高校の劣等生22話感想

    ここでは、「アニメ 魔法科高校の劣等生22話感想」 に関する記事を紹介しています。
    アニメ 魔法科高校の劣等生22話感想です。

    魔法だけでなくロボもいるとは。
    ロボ子いいよロボ子。

    関本タイーホされてましたが達也と花音に取り押さえられてましたw

    マリが活躍してました。2回もやられるなんておっさん憐れw
    深雪が達也にキスしようとしていましたが、未遂で終了。

    下着姿でくねる深雪は真性のブラコンですね
    関連記事
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://gadegade.blog77.fc2.com/tb.php/1323-2ef48495
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    魔法科高校の劣等生の第22話を見ました。 第22話 横浜騒乱編IV 「珍しい物を手に入れたそうだね」 「預かり物ですが」 「だったら、なるだけ早く返した方がいい」 「…!?狙われているとは気が付きませんでした」 「なかなかの手練れだからね」 八雲に忠告を受けた達也はFLTのCAD開発第三課に向かうのだが、敵と狙いがはっきりしないままハッキングを受けていた。 ...
    2014/09/02(火) | MAGI☆の日記