アニメ 魔法科高校の劣等生26話感想

    ここでは、「アニメ 魔法科高校の劣等生26話感想」 に関する記事を紹介しています。
    アニメ 魔法科高校の劣等生26話感想です。

    ついに明らかになったさすおにの秘密。
    回復魔法の容量が多すぎて他の魔法が使えなかったとは。
    これで魔法が自由に使えたらチート以外の何者でもないですねw

    なんか後半はハリウッド映画っぽい感じでした。

    シュールギャグアニメな感じがしましたが原作は今後もこんな感じなんだろうか。
    関連記事
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://gadegade.blog77.fc2.com/tb.php/1343-6b861bb8
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    魔法科高校の劣等生の第26話を見ました。 第26話 横浜騒乱編VIII ムーバル・スーツを着用して上空から工作員を制圧する軍は達也が復元するためにすぐに回復して工作員部隊を押し返していく。 「門を開けよ!さもなくば、侵略者に内通していたものとみなす」 中華街へ逃げ込んだ工作員を追ってきた将輝は門を開けさせるのだが、周が既に拘束していた工作員達を差し出してくる。 ...
    2014/09/29(月) | MAGI☆の日記