アニメ 犬とハサミは使いよう 9話感想

    ここでは、「アニメ 犬とハサミは使いよう 9話感想」 に関する記事を紹介しています。
    アニメ 犬とハサミは使いよう 9話感想です。

    本が一冊増えてるって分かる和人すげー!
    旅館においてあった新人作家の本みたいです。

    円香に割られてからセキュリティも強化されているそう。

    本の中身は強敵とはいろんなジャンルが混じっとるがなw

    本を読んでいる夏野にときめく和人。
    迸るリビドーですかwww

    まんざらでも夏野。チョロインですね。

    本の中身が夏野に影響を受けているようです。
    藤巻蛍ってなんぞや。

    あれに頼るしかない。そうドM編集者に。
    しかもいろいろ分かるのかよ。
    ドMじゃなければ優秀な編集者なのに。

    藤巻蛍はJK。親も有名な作家とか。
    今度は、和人の高校に。

    高校の受験日に夏野の本を買う和人。
    受験よりもお前のほうが大事って。

    チョロインがときめいているw
    私の本が大事って意味だけど。

    また、毛刈られとるし。

    人気のないところを通る和人。
    近道だからって襲われそうなところわざわざ通るなよw
    案の定、温泉の時みたいに囲まれる1人と一匹。

    犬キャノンで一掃w

    そして黒幕登場。
    あっさり縛られて吊るさてるんですがw

    ついうっかりおもらしするってwあほかこいつ。

    本をあげたくなかったからわかりづらいところに置いたってw
    イミフな親ばかです。

    黒幕は別にいるようです。

    そして夜の高校へ。
    相変わらず和人は自分で地雷を踏むんですねw

    夜の図書館にいたのはあのメガネっ子。

    一体どういう展開なんだ。





    関連記事
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://gadegade.blog77.fc2.com/tb.php/937-e35eb03e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック