とある科学の超電磁砲S 24話(最終回)感想

    ここでは、「とある科学の超電磁砲S 24話(最終回)感想」 に関する記事を紹介しています。
    とある科学の超電磁砲S 24話(最終回)感想です。

    2万体のパワードスーツ対美琴達+ジャッジメント
    警備員が駄目でもジャッジメントがいるですの

    パワードスーツ達に苦戦する美琴。
    似非メルトダウナー使ってきたと思ったら本物のメルトダウナー登場。
    メルトダウナーさん怒りすぎw

    ジャッジメントも次第に押される始めるが、みっちゃんの会社が開発した
    エカテリーナ2世すごすぎw
    ロボット物か!

    初春のパンティーも気合入っているそう(佐天さん談)

    ミサイル迎撃するのに御坂ネットワーク使ったり、総力戦になってましたが、
    レベル5ジャッジメントが流れるあたりから熱い展開になりました。

    最後はお姉さまがエカテリーナ2世を宇宙にぶっ放し、ミサイル爆破。
    ミサイルのかけらは流れ星のようになりましたとさ。

    事件の後始末も食蜂さんの記憶操作を使ったんだろうね。
    プライドを捨てて頼むお姉さま見たかった。

    広域社会科見学の話がでてましたが、3期でやってくれると信じてます。
    2期になるとつまらなくなるアニメはたたありますが、超電磁砲Sはジンクスを打ち破ってくれました。

    超電磁砲3期の前に、禁書目録3期が先かな。

    これからの展開が楽しみです。
    関連記事
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://gadegade.blog77.fc2.com/tb.php/963-912c86a4
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    とある科学の超電磁砲S「第24話 Eternal Party」に関するブログのエントリページです。
    2013/09/28(土) | anilog